「英会話を習いたいけど英語が苦手」

「英語の授業が本当に嫌だった…でもできるようになったら便利だろうな」

そのような人にこそ、英会話教材EnCube(インキューブ)がおすすめです。

実は私も英語が嫌いだったんですが、EnCube(インキューブ)を始めたらどんどん英会話スキルが上達していきました。

この記事で、なぜEnCube(インキューブ)が英語に対して苦手意識がある人におすすめなのかという理由と、EnCube(インキューブ)の具体的な授業内容について話していきたいと思います。

EnCubeのイメージ画像
EnCubeの公式サイトへ

EnCube(インキューブ)で、なぜ英語が克服できるのか

EnCube(インキューブ)で、なぜ英語が克服できるのか

EnCube(インキューブ)は、スマホに配信される動画を見て、ネイティブとスムーズにコミュニケーションが取れるようになれる英語教材です。

このEnCube(インキューブ)を使って、なんと97%の人が3ヶ月後に英語ができたと実感しています。

「あんなに英語が苦手だったのに、ネイティブの友人を作ることができた」

「どんなに勉強してもちんぷんかんぷんだった私が、通訳なしで海外旅行に行けた!」

など、多くの人が驚きながらもEnCube(インキューブ)の効果を感じているんです。特に英語が苦手・嫌いという人ほど、「EnCube(インキューブ)で良かった」とその価値を感じているようですね。

そもそもなぜ英語ができないのか

そもそもなぜ英語ができないのか

英語が嫌いな理由や苦手な人の理由はさまざまだと思いますが、ひとつには「勉強してもわからないから」というものがあるでしょう。

学校で英語を習ったときに多少の英単語や文法は覚えているけど、それ以上となると全くダメ。自分には英語の才能がないんだと思う、というふうに感じている人もいるのではないでしょうか。

先に結論から言うと「勉強しても理解できない」のは、才能がないからではありません。これまでの英語教育が、日本人に合っていなかったからです。

日本人にとって英語は覚えにくい

日本人にとって英語は覚えにくい

そもそも英語は日本人にとって勉強しにくい言語なんですね。なぜかと言うと、構造が全く違うからです。

例えば、「私は明日映画を見ます。」という文章があったとします。このとき、英文では「I will watch a movie tomorrow.」です。

ところが言葉の順序を見てみると、「私 見ます 映画を 明日」となります。日本語では主語のあとに時を示す言葉が来ているのに、英語では主語の後に述語が来るなど全然異なることがわかりますね。

構造が違う本当に真新しい言語を一から学ぶことになるので、勉強の仕方を間違えてしまうとマスターするのに時間がかかってしまうんです。

構造の違いをフォローしていない勉強法

構造の違いをフォローしていない勉強法

今までの英語教育は、こうした言語構造の違いという大きな壁があるのにもかかわらず、単語や文法をひとつひとつ覚えるという「その壁に真っ向からぶつかっていくスタイル」でした。

つまりわざわざ英語を覚えにくい方法を使って教えていたんです。この構造の違いをフォローしないまま授業をするのは学校だけでなく、今流行りの聴くだけで英会話スキルがアップすると謳う教材も当てはまります。

私たちはもともと、その外国語が慣れていないうちだと特に日本語に訳しそうとする傾向があるんですね。言葉を聞いては訳し、言葉を聞いては訳しとひとつひとつ追ってしまう癖があります。

でもそうすると例えば先程の「私は明日映画を見ます。」という文章の場合、「tomorrow」が最後に来るので「いつ見るのか」を知るためには全部聞かないといけない。こちらが聞きたいことと相手が伝えてくる順番がすれ違うのは思ったよりもストレスで、そのせいで全然頭に入ってこないんです。

EnCube(インキューブ)で英語嫌いを克服できた話 EnCubeの公式サイトへ

EnCube(インキューブ)の授業内容

EnCube(インキューブ)の授業内容

英語が勉強してもわからないのはいわゆる才能ではなく、単純に勉強方法に問題があったことがわかってもらえたと思います。

EnCube(インキューブ)ではこのことを踏まえ、「ただ覚える」「ただ聴く」といういわゆるインプットはしません。アウトプット、すなわち発音に重点を置いたレッスンを行います。

英会話ができない原因を徹底的に排除した教材だからこそ、英語に苦手意識を持っている人にもおすすめなんです。

では具体的にどのような授業を行うのか、ここで説明していきますね。

1本5分程度の動画を見てアウトプット演習

1本5分程度の動画を見てアウトプット演習

EnCube(インキューブ)では、登録すると3種類の動画が決められたスケジュールに沿って配信されます。

①自動反復システムを採用した【ネイティブ英会話マスター】

【ネイティブ英会話マスター】は、1~5日目に配信される動画。ネイティブがよく使う日常フレーズから厳選されたフレーズの発音が、動画1本につきひとつ紹介されます。中学校のときに習ったようなレベルの単語やフレーズばかりなので、高い語学力は必要ありません。

最大の特徴は、朝と夕方と1日2回届けられることです。これによって面倒な復習を自発的にする必要がなく、英語が苦手な人でも効率よくフレーズの発音をマスターすることができます。

②リアルな会話の雰囲気を体験できる【Live English】

【Live English】は、6日目の朝に届けられる動画です。ここでは先生同士が日常フレーズを使い、ドラマのように会話してくれるシーンが流れます。

スピード感や表現の仕方など、会話には会話ならではの雰囲気がありますよね。そのフレーズを実際にネイティブがどう使っているのかというイメージを持つことができ、英会話に苦手意識がある人でもじっくり慣れていけるのがこの動画の特徴です。

③スムーズに会話が話せるようになれる【なりきりスピーキング】

7日目の朝に配信される【なりきりスピーキング】では、先生と一緒に擬似的に英会話ができます。

バーチャルなプライベート空間でのレッスンになるので、先生の顔色などをうかがう必要はありません。もちろん誰かに評価されることもないので、発音は苦手…という人でも、恥ずかしがらずに堂々と発音練習が可能です。

またこれまで習ってきたフレーズの総演習なので、英語が苦手と感じている人も【ネイティブ英会話マスター】や【Live English】で発音に慣れていけば必ずできます。

EnCube(インキューブ)では、この3種類の動画が7日間にわたって順次配信されるのが基本スケジュールとなっています。【なりきりスピーキング】が終わると新しい【ネイティブ英会話マスター】が次の日から始まる、という形です。

どうしてEnCube(インキューブ)で上達できるの?

最短の鍵を握る“リアル発音記号”

最短の鍵を握る“リアル発音記号”

“リアル発音記号”とは、言葉のとおりネイティブの「リアルな発音」を記号化したものです。

具体的に言うと、

英文(日本語訳) What do you do,again?(お仕事何しているんでしたっけ?)
習ってきた発音 ホワット ドゥー ユー ドゥー、アゲイン?
リアル発音記号 waRuyudu agen?
リアルな発音 ワルユードゥ アゲン?
英文(日本語訳) Do you eat out a lot?(よく外食するんですか)
習ってきた発音 ドゥー ユー イート アウト ア ロット?
リアル発音記号 dyu iiRAwRala’?
リアルな発音 ドゥユー イーラウララッ?

こちらを見るとわかるように、ネイティブは単語同士をくっつけて音を変えたり、音を消したりしながら発音していることがわかると思います。

なぜかと言うと、ネイティブにとってそのほうが発音しやすいからです。

実はこれはなぜかインプットを中心にした勉強方法で特に軽視されがちだった部分。英会話の勉強をしてきた人でも、「ネイティブの言うことが早くて聞き取れない」という理由もここにあります。

EnCube(インキューブ)ではそうした事態を避けるために、回りくどいことはせず“直接”ネイティブの発音でさまざまなフレーズを教えてくれるんです。

だから英語が苦手な人でもかなり早い段階で、実際にネイティブに言われたときも「今こう言われているな」とわかり、伝わる発音で返せるような英会話スキルが身につきます。

魅力いっぱいなEnCube(インキューブ)の先生たち EnCubeの公式サイトへ

最後に

最後に

EnCube(インキューブ)は、たくさんのフレーズを「リアルな発音」でできるように、アウトプットをサポートしてくれる教材です。

実はこれは、新しい日本語や知らなかった方言を身につけるときと同じ原理なんですね。今私たちが使っている言葉も、たくさん伝わる発音をしてきたからだと思います。

そう考えると、英会話に必要なのは才能ではないと思えるようになりませんか?

ぜひ英語が嫌い、でも英会話はできるようになりたいという人はEnCube(インキューブ)をやってみてください。

EnCube(インキューブ)をやる上で意識しておきたいこと
EnCubeのイメージ画像
EnCubeの公式サイトへ